トピックス・TOPICS

レポート 2017年6月09日 第57回関東大学新人戦 vs青山学院 戦評

●明治56(6-17,17-11,22-17,11-26)71青山学院◯

スタート
#7植松、#10須藤、#11奥野、#15渡辺、#36永田

◎前半
序盤から青学のペースで試合が進む。テンポよく得点を重ねる相手に対し、明治はシュートが入らず5分間無得点のまま。10点以上離された後、#7植松のシュートでようやく得点する。しかしリズムに乗り切れず、再び点が滞る。終盤#10須藤と#7植松が決めるが、悪い流れを断ち切れないまま6-17で1ピリ終了。
2ピリ開始後、#11奥野と#15渡辺が立て続けに3Pを決める。相手はインサイドで得点し対抗するが、#10須藤のバスカンや#36永田のレイアップで徐々に追い上げる。ディフェンスで相手のミスを誘い、リバウンドやルーズボールで奮闘。流れが明治に傾き、#11奥野が連続得点。相手も3Pで粘りを見せるが、明治のペースのまま前半が終了。23-28で後半へ。

◎後半
出だしから#10須藤が2本連続でレイアップを決め、リズムを作る。その後も#11奥野の3Pや#91長谷川のゴール下で得点。しかし相手も決め返し、シーソーゲームに。#10須藤がスティールから速攻を決めると、相手も速攻でやり返し、互いに一歩も譲らない。#10須藤のシュートや#7植松のブロックで粘りを見せ、#91長谷川のアシストから#15渡辺が決める。45-45の同点で勝負は最終ピリオドへ。
4ピリに入っても拮抗した争いが続く。#91長谷川や#11奥野のシュートで得点を重ねるが、シュートが落ち始めると流れが悪くなる。点が欲しいところで決めきれない明治に対し、相手は要所要所で加点。徐々に点差が開き、苦しい展開に。残り時間が少なくなるが、諦めずにディフェンスで仕掛け続け、#34富田や#10須藤が得点。だが点差を詰めることはできず、タイムアップ。56-71で敗戦した。