トピックス・TOPICS

レポート 2017年10月08日 第93回関東大学リーグ戦 vs青山学院大② 戦評

●明治64(17-13,10-17,9-24,28-18)72青学◯

スタート
#3綱井、#7植松、#10須藤、#28今川、#32吉川

◎前半
序盤は相手のハードなディフェンスを前に、リズムを掴めない。#3綱井が3Pを決めるものの、ミスから流れに乗れない時間が続く。しばらく点が止まった後、#28今川のゴール下、#10須藤のバスカンで得点。しかし相手にリバウンドを量産され、チャンスを与えてしまう。終盤、#2齋藤がスティールから速攻で得点し、#10須藤がゴール下を決める。17-13で1ピリ終了。
2ピリ開始後、#27松本がゴール下でバスカンを獲得し、勢いに乗りたいところ。しかしディフェンスがうまく機能せず、流れに乗り切れない。その後もミスが多く、相手のペースで試合が進む。#10須藤のジャンプシュートやリバウンドでなんとか繋ぐが、相手のリズムを崩せずに逆転を許す。27-30で勝負は後半へ。

◎後半
3ピリ開始後、相手が激しいディフェンスとリバウンドから流れに乗る。一方の明治はシュートが入らず、ミスも続く。#7植松のゴール下、#28今川のミドルシュートで得点するが、相手の勢いを止められず点差が開く。明治はたまらずタイムアウトを要求。しかしその後も悪い流れを断ち切れず、苦しい展開に。#27松本の3P、#2齋藤のシュートで繋ぐが、リバウンドで劣勢となり流れを変えられない。36-54と大きくビハインドを背負い、最終ピリオドへ。
4ピリ開始後、ディフェンスで仕掛け相手のミスを誘う。#10須藤がレイアップで連続得点し、明治の流れに。その後もハードなディフェンスから相手にミスを連発させ、#32吉川の速攻や#27松本のドライブで追加点。さらに#27松本が2本の3Pを沈め、一気に8点差まで追い上げる。しかし相手もシュートを決め返し、あと一歩詰め寄れない。#10須藤と#28今川のフリースロー、#7植松のゴール下で粘るが、追いつくことはできずにタイムアップ。64-72で敗戦した。