トピックス・TOPICS

レポート 2018年6月05日 第58回関東大学バスケットボール新人戦 vs明星大学 戦評

6/4 18:20より行われた明星大学との試合の戦評

○明治89(20-19,24-20,19-25,15-14,11-6)84明星●

スタート
#15渡辺、#12岩本、#17常田、#34富田、#39塚本

◎前半
開始早々、相手にシュートを決められるも、外国人選手がいる中で、#52溝口がゴール下で奮闘し、3連続得点をあげる。#39塚本の左レイアップと#34富田のスリーポイントの連続得点でチームを盛り上げるもその後はリングに嫌われなかなか点が取れない状態が続き、どちらもリードを許さず20-19で1Qが終了。
もっと走って得点につなげようと臨んだ2Q。#15渡辺が今大会キャプテンの意地を見せ、バスカンを2本決め、相手はたまらずタイムアウトを要求。タイムアウト明けも明治の勢いは止まらず#12岩本がバスカンを決め、相手に流れを渡さない。果敢にディフェンスリバウンドに飛び込み、積極的なオフェンスで#9宮澤が攻守共に活躍する。また、#39塚本の華麗なアシストで#7植松がシュートを決めるなど、一時は9点差まで開けたが、その後も拮抗した展開が続き、44-39で前半が終了。

◎後半
#34富田が後半序盤でスリーポイントを決めるもなかなか点差は離れず一進一退の攻防が続く。3分間無得点の明治に対し、相手は連続で3Pを決め、流れを掴まれる。残り1分でついに同点まで追いつかれその後も相手の勢いは止まらず残り30秒、相手に逆転され63-64で3Q終了。
4Qも打ちつ打たれつのシーソーゲームが続く。ノーマークで決めた#17常田のスリーポイントによって流れを確実に掴んだと思いきや、相手が応戦し連続得点を許してしまう。残り1分半で同点に追いつかれ、果敢に攻めるも決めきれず、78-78で延長戦に全てを託す。
序盤から#34富田が連続得点。また、#15渡辺の積極的に攻めたオフェンスで相手のファウルを誘い、フリースローをものにする。大事な場面でしっかりと#9宮澤がディフェンスリバウンドをとりきり、相手にチャンスを与えない。そのまま逃げ切り89-84で試合終了。延長戦5分間は2年生が底力を見せ、明治が接戦をものにした。