トピックス・TOPICS

レポート 2018年9月11日 第94回関東大学バスケットボールリーグ戦vs中央大学 戦評

9/8、17:10より行われた中央大学との試合の戦評をお送りします。

●明治65(16-18,13-18,15-17,21-20) 73中央○

スタート
#3綱井、#4小林、#10須藤、#11奥野、#28今川

◎前半
#28今川の連続得点からスタートした1ピリ。明治はインサイド、アーリーオフェンスで得点を狙う一方、中央はアウトサイド中心に攻める。中盤、相手のシュートが決まり始め、流れを渡しそうになるところで明治はタイムアウトを要求。タイムアウト明け、#7植松のシュート、#10須藤のテイクチャージ、レイアップと明治に流れが傾き始め、一時は逆転するも1ピリ終了間近、相手に3Pを決められ18-16で1ピリ終了。
2ピリ開始直後、相手の連続得点から流れは中央に傾く。#15渡辺の3P、アタックが決まり食らいつくが、中々点差は縮まらない。中盤、7点差まで開いたところで、明治はゾーンディフェンスに変更。明治のグッドディフェンスによって相手のシュートも落ち始め、#3綱井のアシストから#28今川のシュートも決まり4点差まで追い詰めるが、大きく跳ね上がるリバウンドが取りきれず36-29と7点ビハインドで後半へ。

◎後半
3ピリ開始早々から中央に連続得点を奪われ、点差は13点まで広がるが、対する明治は#28今川がゴール下で奮闘、#4小林の激しいディフェンスから#10須藤の速攻、#11奥野のアウトサイドシュートでなんとかぎ止める。3ピリ残り4分、激しい全員ディフェンスから相手のミスを誘い、逆転を図る。#7植松の豪快なブロックショットから#34富田がレイアップを決め6点差まで追い詰めるとたまらず中央はタイムアウト。タイムアウト明け、何とか守りたいところだが相手のエースにバスカンをめられ、44-53と9点のビハインドを背負い最終ピリオドへ。
何とか同点まで持ち込みたい明治は#7植松のアシストから#28今川、#3綱井のアシストから#28今川、#15渡辺と#10須藤のグッドディフェンスから#10須藤がフィニッシュを決め連続得点を奪う。一方中央もアウトサイドシュートで加点していき、一進一退の攻防が続く。その後オフェンスでは#7植松、#10須藤が奮闘、ディフェンスでは全員が気迫を見せ徐々に点差を縮めていく。4ピリ残り3分で#28今川がダメ押しのゴール下を決め、ついに点差は2点に。しかし相手は冷静に3Pで返し明治はたまらずタイムアウト。前からプレッシャーをかけボールを奪いにいくも最後まで手が届かずタイムアップ。73-65で敗戦した。