トピックス・TOPICS

レポート 2018年9月26日 第94回関東大学バスケットボールリーグ戦vs神奈川大学 戦評

9/23.13:00より行われた神奈川大学との試合の戦評をお送りします。

○明治76 (18-8,13-12,21-17,24-18) 55神大●

スタート
#3綱井、#4小林、10須藤、#11奥野、#28今川

◎前半
1ピリ開始早々、明治は積極的なアタックから#10須藤がバスカンを決め先制。その後も#11奥野のドライブ、#3綱井の3Pが決まり勢いに乗る。ディフェンスでは相手のエースを抑え開始3分無得点に。その後も#28今川、#24森山が加点し、#10須藤が相手のレイアップをブロック、#7植松もゴール下で奮闘し相手を突き放す。18-8、10点リードで1ピリ終了。
2ピリ開始直後、#3綱井のアシストから#7植松のシュートが決まり、#11奥野がゴール下で攻守共に活躍を見せる。しかしその後、ターンオーバーから流れを持っていかれそうになった所ですかさずタイムアウト。タイムアウト明け#3綱井がアシスト、3Pと活躍し、#11奥野がグッドディフェンスを見せると点差は15点に。神大も食らいついてくるが、#3綱井がスティールしたボールを#10須藤が決め近寄らせず。31-20で後半へ。

◎後半
3ピリ序盤、#11奥野がテイクチャージ、#28今川がグッドディフェンスで相手の思い通りにさせず、#3綱井のアシストから#11奥野、#28今川が決め完全に明治のペースに。#24森山がシュートを沈め16点差に広がるとたまらず神大はタイムアウト。相手に3Pを決められるも#4小林のアシストから#7植松が決め返し、その後も#24森山、#3綱井のドライブが決まる。#7植松がリバウンドを押し込み52-37で3ピリ終了。15点リードで最終ピリオドへ。
4ピリ開始直後ターンオーバーから失点するが、#28今川のドライブで流れを切り、#7植松がゴール下で奮闘し神大を寄せ付けない。#15渡辺のドライブ、#7植松がゴール下を決めるとたまらず神大はタイムアウト。しかしその後も#28今川のアシストから#3綱井、#11奥野がゴール下でディフェンス、リバウンドと奮闘し流れを渡さない。終了間際、#15渡辺が3P、シュートを連続で決め試合終了。76-55で勝利した。