トピックス・TOPICS

レポート 2018年10月05日 第94回関東大学バスケットボールリーグ戦vs早稲田大学 戦評

9/3010:00より行われた早稲田大学との試合の戦評をお送りします。

●明治64 (24-24,25-10,7-15,8-22) 71早稲田○

スタート
#3綱井、#4小林、10須藤、#24森山、#28今川

◎前半
#28今川のシュートから始まった1ピリ、#10須藤が3P、#3綱井がドライブを決めるが、相手も決め返し、シーソーゲームが続く。中盤、#24森山が3Pを2連続で決め流れに乗ると思われたが、ファウルを吹かれなかなか波に乗り切れない我慢の時間が続く。#4小林が3P、#28今川が個人技で加点するが、相手も負けじと決め返し24-24で1ピリ終了。
2ピリ開始後、#28今川のシュートを皮切りに明治は流れに乗り、#7植松が3P、#21野口がシュートを決めるとたまらず早稲田はタイムアウト。しかしその後も明治はディフェンス、ルーズで流れを渡さず、#3綱井の連続得点に加え#24森山がバスカン決めきる。#7植松、#24森山が3Pを決めると再び早稲田はタイムアウトを要求するが、明治の勢いは止まらず。#28今川がスティールからレイアップを決め2ピリ終了。49-34で15点の大量リードで後半へ。

◎後半
3ピリ開始早々#3綱井がバスカンをもらい、続いて#24森山のアシストから#3綱井がレイアップを決め突き放したいところだが、ターンオーバーから徐々に点差を詰められ明治はタイムアウトを要求。その後アタックするもファウルがもらえず5分間無得点に抑えられ、終盤#28今川が3Pを決めて3ピリ終了。56-49で勝負は最終ピリオドへ。
4ピリ開始後、#24森山がバスカンをもらい、連続でドライブが決まると再び点差が開くが、ここから早稲田の猛追が始まる。相手の3連続3Pを決められ同点に追いつかれるとたまらず明治はタイムアウトを要求。しかしタイムアウト明けも早稲田の勢いに押され、ファウルとターンオーバーが重なりついに逆転される。#10須藤がドライブ、シュートで食らいつくも追いつけずタイムアップ。64-71で敗戦した。