トピックス・TOPICS

レポート 2018年10月16日 第94回関東大学バスケットボールリーグ戦vs中央大学 戦評

10/13 15:00より行われた中央大学との試合の戦評をお送りします。

○明治62 (23-17,14-17,11-10,14-15) 59中央●

スタート
#3綱井、#10須藤、#15渡辺、#24森山、#28今川

◎前半
1ピリ序盤、明治はファウルがかさみフリースローを与えてしまうが、#3綱井、#10須藤がシュートを決め拮抗した展開が続く。中盤、ゾーンディフェンスに切り替えると相手はターンオーバーを連発し、#15渡辺、#28今川が速攻を決め徐々に点差を広げる。#28今川が3P、スティールと攻守ともに活躍を見せ23-17で1ピリ終了。
2ピリ開始後、明治は#21野口がゴール下を決め#28今川が3Pを決めるが、中央はアウトサイドシュートで点差を詰めたまらず明治はタイムアウト。#4小林のアシストから#24森山のグッドプレイも飛び出すが、直後中央に2連続3Pを決められ同点に。明治はもう一度ディフェンスから仕切り直し、#15渡辺のスティールから#10須藤が速攻を決め流れは明治に。2ピリ終了間際#10須藤が3Pを決め37-34で前半終了。

◎後半
3ピリ序盤、明治はターンオーバーから得点できず5分間無得点に。一方中央はドライブ、3Pでどんどん加点し逆転、ここで明治はたまらずタイムアウト。しかし明治は#3綱井、#10須藤の連続3Pで同点に戻すと今度は中央がタイムアウトを要求。タイムアウト明け、#21野口が3Pを沈め#28今川が個人技で得点し再び逆転し3ピリ終了。48-44で勝負は最終ピリオドへ。
4ピリ開始後、明治はリバウンドに奮闘し拮抗した展開が続く。中盤、#15渡辺がバスカンを決め流れが傾くも、ファウルがかさみ苦しい状況に。一方中央はフリースローで加点し1点差まで詰める。その後、中央に3P、セカンドショットを決められ逆転されると明治はタイムアウトを要求。タイムアウト明け#15渡辺が決定打となる3Pを沈め再逆転すると中央はたまらずタイムアウト。逆転を狙うも明治は激しいディフェンスで守りきりタイムアップ。62-59で勝利した。