トピックス・TOPICS

レポート 2018年11月11日 第94回関東大学バスケットボールリーグ戦vs大東文化大学 戦評

11/11.13:20より行われた大東文化大学との試合の戦評をお送りします。

●明治 52(28-3,20-18,19-16,18-15)85 大東○

スタート
#3綱井、#10須藤、#15渡辺、#24森山、#28今川

◎前半
1ピリ開始後、大東はアウトサイドシュートで点数を伸ばし、一方明治は相手の激しいディフェンスに押され攻めきれない。#28今川が個人技を決めるが相手の攻撃を止められず。終盤、全員でグッドディフェンスを見せる場面も見えたが明治は得点を伸ばせず3-28と大量リードを許し1ピリ終了。
#7植松の3Pからスタートした2ピリ。明治はもう一度ディフェンスから仕切りなおし、激しいディフェンスを展開する。しかし明治はターンオーバーから相手に得点を許し点差は縮まらず。中盤、#28今川、#10須藤の個人技でなんとか加点。その後も相手に点は取られながらも、#3綱井、#10須藤が連続で3Pを決め21-48で前半終了。

◎後半
3ピリ序盤、明治は積極的なオフェンスで相手のファウルを誘う。#24森山が3Pを決めようやく点が動くと、続いて#21野口も3Pを沈める。中盤、明治は#24森山の個人技、#4小林の速攻で加点するも、相手はインサイド、アウトサイドでバランスよく加点しなかなか追いつけず。37-67で3ピリ終了。
#10須藤のシュートから始まった4ピリ。#28今川のアシストから#17常田がレイアップを決め、#36永田がインサイドで奮闘しゴール下で加点する。明治はターンオーバーから相手に得点を許すも、#34富田のドライブ、#14戸堀が3Pを決め試合終了。52-85で敗戦した。