トピックス・TOPICS

レポート 2018年11月21日 第94回関東大学バスケットボールリーグ入れ替え戦vs駒澤大学① 戦評

11/13 17:20より行われた駒澤大学との試合の戦評をお送りします。

○明治 82(13-17,23-13,19-15,27-23)68 駒澤●

スタート
#3綱井、#10須藤、#15渡辺、#24森山、#28今川

◎前半
1ピリ序盤、明治は#28今川、#10須藤が連続でシュートを決め流れに乗ると思われたが、駒澤のシュートが決まりはじめ徐々に点差が離れる。終盤#3綱井のアシストから#28今川の合わせが決まるが、終了間際に相手に3Pを決められ13-17で1ピリ終了。
#10須藤の3Pで始まった2ピリ。#4小林のスティールから#10須藤がレイアップを決め明治は勢いに乗る。#15渡辺の3P、#4小林のアシストから#7植松が決めるが相手もなかなか引き下がらず。その後、#21野口がバスカンを決め、終盤#3綱井のアシストから#7植松、#52溝口がゴール下を決めて36-30、6点リードで前半終了。

◎後半
3ピリ序盤、#3綱井のアシストから#15渡辺、#24森山の合わせが決まりたまらず駒澤はタイムアウト。駒澤はインサイドを中心に攻めるが#28今川がグッドディフェンスをみせ、その後#52溝口がゴール下で奮闘し連続得点。終盤流れは駒澤に傾くがなんとか粘り55-45で3ピリ終了。
#3綱井の3Pで始まった4ピリ。序盤、明治はファウル、ターンオーバーが重なりタイムアウトを要求。その後は取っては取り返してのシーソーゲームが続く。#3綱井、#28今川が3Pを決めるも相手も決め返し6点差まで縮まる場面も。終盤、#24森山がリバウンドで奮闘、#15渡辺のスティールから#28今川がレイアップを決めたまらず駒澤はタイムアウト。しかし明治は落ち着いた試合展開で相手を振り払いタイムアップ。82-68で勝利した。