トピックス・TOPICS

レポート 2018年12月13日 第70回全日本大学バスケットボール選手権記念大会vs東北学院大学 戦評

12/12の10:00より行われた東北学院大学との試合の戦評をお送りします。

○明治 111(24-10,25-12,37-9,25-19)50 東北学院●

スタート
#3綱井、#10須藤、#15渡辺、#24森山、#28今川

◎前半
明治は激しいディフェンスから#28今川が先制すると、#24森山が3Pを決め#10須藤が得点すると一気に明治ペースに。その後も明治はコンスタントに得点を重ねる。終盤#10須藤がバスカンを決め、#33山口のアシストに#28今川が合わせて24-10の大量リードで1ピリ終了。
#7植松のシュートで始まった2ピリ、#21野口がバスカンを決めると依然流れは明治。#33山口が3Pを沈め、#15渡辺のスティールから#52溝口がゴール下を決めると点差はどんどん広がる。終盤、#34富田がテイクチャージから自身で連続得点し49-22で前半終了。

◎後半
3ピリ序盤、#24森山のスティールから#3綱井が決め、#15渡辺もスティールから自分で決めきり明治はさらにギアを上げる。#3綱井の3P、#24森山、#28今川が得点し#10須藤がこの日4本目の3Pを決めると点差は50点まで広がる。その後も#52溝口、#7植松が加点、#21野口が3Pを決め86-31で3ピリ終了。
4ピリ開始後、#7植松がドライブを決め、続いて#21野口が3Pを沈める。その後、#14戸堀がリバウンドで奮闘、#36永田、#34富田が個人技でさらに加点し得点は100点台に。#17常田、#36永田がドライブを決め試合終了。111-50で勝利した。