トピックス・TOPICS

レポート 2019年8月25日 第95回関東大学バスケットボールリーグ戦第二節 戦評

本日11:40より行われた日本体育大学との試合の戦評をお送りします。

明治●71(16-22,13-14,24-20,18-30)86○筑波

スタート
#7植松、#10須藤、#15渡辺、#17常田、#56永田

昨日の反省を活かし、スタートから流れを掴もうとした第2戦。#7植松のゴール下から始まり、#15渡辺、#17常田のアシストから#56永田がミドルシュートを決める。その後もリバウンドショット、3Pなど#56永田がこのピリオドだけで12得点と大暴れ。16-22、僅かにリードを許しながら1ピリ終了。

2ピリ、#9塚本のアシストから#52溝口がミドルシュートを決めると、#9塚本が自身でもシュートを決める。相手のエースに点を奪われながらも、#17常田がバスケットカウントを捻じ込み、流れを簡単には渡さない。29-36、点差はほぼ変わらぬまま、勝負の行方は後半へ。

#15渡辺のグッドディフェンスから#7植松がレイアップを決めると#10須藤が3P、ジャンプシュートと点を重ね、ついに残り2分で同点に追いつく。その後も#9塚本、#71若月のミドルシュート、#52溝口も外国人相手に健闘し、53-56。ワンゴール差に点差を縮め、3ピリ終了。

4ピリ#15渡辺のアシストから#10須藤、#11奥野が点を決めるが、ディフェンスのミス、そして相手のオールコートディフェンスに苦しめられ、残り6分60-68と点差が広がり明治タイムアウト。その後、#56永田、#15渡辺の3Pが決まるも、自分たちのミスが響き点差は広がるばかり。71-86で敗戦した。

本日も応援ありがとうございました。
昨日の反省を活かして、途中まではいい勝負ができましたが、最終ピリオドでミスが続き惜しい敗戦となりました。