トピックス・TOPICS

レポート 2019年9月14日 第95回関東大学バスケットボールリーグ戦第五節 戦評

本日13:00より行われた神奈川大学との試合の戦評をお送りします。

明治●53(12-10,15-22,16-13,10-11)56○神大

スタート
#7植松、#10須藤、#15渡辺、#17常田、#56永田

1ピリ、#56永田のゴール下、レイアップの連続得点で明治はスタート。#17常田がグッドディフェンスを魅せ、#10須藤、#56永田の3Pと10-2と一気に放すかと思われたが、そこから得点が滞る。12-10、僅かにリードし1ピリ終了。

落ち着いて自分たちのミスを減らそうと望んだ2ピリだが、相手に隙をつかれ開始1分半で12-15と逆転されて明治タイムアウト。そこから、ゴール下の合わせのプレイ、#15渡辺のバスカンで相手に喰らい付く。#10須藤の3Pがリングに吸い込まれ27-32、リードを許し前半終了。

3ピリ、#15渡辺の技ありのシュートで始まる。#7植松がミドルシュートを決めるものの、相手にバスカンを取られ流れが傾きかけたところで明治はタイムアウトを請求。#56永田のドライブ、#10須藤が3P、#11奥野のナイスアシストからゴール下を決めて43-45、点差を縮め勝負は4ピリへ。

最後の4ピリ、#11奥野のアシストから#17常田のミドルシュート、#11奥野がゴール下で奮闘し、リバウンドショットを捩じ込む。#10須藤がスティールから速攻を決めて53-53と同点に追いつき、神大タイムアウト。しかし、相手にゴール下を決められタイムアップ。53-56で敗戦した。

本日も応援ありがとうございました。
これまでの課題だったオフェンス面は改善され、相手を50点台に抑えるディフェンスをできましたが大事な一戦を落としてしまいました。

明日は専修大学との対戦になります。
9月15日16:20トスアップvs専修@専修大学 生田キャンパス
次戦も応援の程、宜しくお願い致します。