トピックス・TOPICS

レポート 2019年9月15日 第95回関東大学バスケットボールリーグ戦第六節 戦評

本日16:20より行われた専修大学との試合の戦評をお送りします。

明治●62(13-17,16-19,20-20,13-14)70○専修

スタート
#7植松、#10須藤、#15渡辺、#17常田、#56永田

ここまでの負けを意味のあるものにしようと望んだこの試合、#10須藤のレイアップ、3P2本の3連続得点で幕を開ける。#52溝口が外国人を相手に奮闘し、#31吉村のドライブで加点する。しかし、明治のファールが嵩み、ディフェンスの隙を突かれて13-17とリードを許し1ピリ終了。

2ピリでは、自分たちのディフェンスから相手のミスを誘い、#7植松のリバウンドショット、#9塚本から#56永田への合わせで攻撃の息を吹き返す。#7植松の3P、#10須藤スティールから速攻を決めて点差を2点に縮めると専修たまらずタイムアウト。しかし、タイムアウト明け相手もリズムを取り戻し29-36と点差を広げられて前半終了。

#10須藤が連続でバスケットカウントを沈めて、明治の流れで3ピリスタート。#15渡辺のグッドディフェンスから#56永田がバスカンを捩じ込むと、続いて#17常田もミドルシュートを決める。しかし、ファールにより相手にフリースローを与えてしまい流れが止まってしまう。#31吉村のシュートでなんとか繋ぎ49-56と点差変わらず3ピリ終了。

リバウンドを取っていこうと望んだ4ピリ、2分半両チーム得点がない状況で#11奥野のゴール下で試合が動く。#56永田がスティールし、#7植松がシュートを決めて、57-62になったところで専修タイムアウト。明治はオールコートでディフェンスを仕掛けるものの、タイムアップ。62-70で敗戦した。

本日も応援ありがとうございました。
今日の試合も負けてしまいましたが、この負けを無駄にせず、火曜、水曜の試合で勝利を掴んでいきます。