トピックス・TOPICS

レポート 2019年10月20日 第95回関東大学バスケットボールリーグ戦第十五節 戦評

本日15:00より行われた神奈川大学との試合の戦評をお送りします。

明治●74(20-23,15-15,17-20,22-23)81○神大

スタート
#10須藤、#15渡辺、#17常田、#52溝口、#56永田

絶対負けられないと望んだこの試合、#17常田のシュートで先制し、初スタメンの#52溝口も続くが、相手にシュートを気持ちよく決められ4-13と開始4分で明治タイムアウト。その後、#7植松のゴール下、#17常田、#15渡辺の3Pで一気に詰め寄り、終了間際、#10須藤がバスケットカウントを捻じ込んで20-23で1ピリ終了。

2ピリ、自分たちのミスが目立ち、明治は開始3分半無得点。しかし、#34富田が3Pを決めると、#15渡辺の技ありシュートでなんとか間をつなぐ。そこから激しいディフェンスで相手のミスを誘い、#10須藤が2本連続3P、グッドディフェンスで流れを呼び込む。最後、#15渡辺のアシストから#11奥野がゴール下シュートを決めきり35-38で前半終了。

#10須藤のバスケットカウントで始まった3ピリ、相手にリバウンドを取られつつも#7植松がゴール下で奮闘。#10須藤、#17常田が3Pを連続で沈めて神大たまらずタイムアウト。タイムアウト明け、#10須藤のジャンプシュートでついに同点に追いつくが、相手からリバウンドを取りきれず52-58と再びリードを許し三ピリ終了。

最後の10分は相手の3Pで始まり、54-65と一気に点差を広げられて明治はタイムアウトを請求する。#17常田のジャンパー、そこから#7植松、#17常田がバスケットカウントで明治に流れを引き寄せる。しかし、相手のシュートが決まり点差がなかなか縮まらない。#52溝口のゴール下、#17常田のスティールから#10須藤のシュートで必死に喰らいつくも無念のタイムアップ。74-81で敗戦した。

本日も応援ありがとうございました。
僅かなリードを許しながらも、一時同点まで追いつき最後まで行方のわからないゲームでしたが、大事な場面でのシュートを決めきれず敗戦してしまいました。

次戦は東海大学との対戦になります。
10月22日13:00トスアップvs東海@専修大学生田キャンパス
次戦も応援の程、宜しくお願い致します。