トピックス・TOPICS

レポート 2017年11月23日 第69回全日本大学選手権大会 vs拓殖 戦評

●明治69(20-16,15-16,12-26,22-21)79拓殖◯

スタート
#2齋藤、#10須藤、#11奥野、#27松本、#28今川

◎前半
#27松本と#11奥野の合わせから得点すると、#27松本と#10須藤の3Pも決まり出だしは好調。相手も3Pで対抗するが、ディフェンスからリズムを掴み明治のペースに。その後も#11奥野のゴール下や#2齋藤のシュートで加点する。終盤相手にリバウンドを連取され、流れが崩れかけたところで1ピリ終了。20-16で2ピリへ。
2ピリ開始後もミスが続き、なかなかリズムを取り戻せない。#32吉川や#3綱井がシュートを決めるが、相手も決め返し拮抗した展開に。中盤は相手がリバウンドから流れに乗り、明治の得点が滞る。一度はリードを許すも、ディフェンスから立て直し、#21野口と#22宮本の速攻で再び逆転。35-32で前半終了、3点差で試合を折り返す。

◎後半
3ピリは#11奥野のレイアップで始まると、相手は3Pで応戦。#10須藤と#22宮本が決め返し、一進一退の攻防に。しかし要所要所でのミスから流れを掴めない。我慢の時間帯を#22宮本や#28今川がリバウンドで奮闘し、チャンスを作る。終盤、相手がバスカンを獲得し勢いに乗る。一方の明治はオフェンスの動きが悪く、得点に繋げられずに点差が開く。47-58と11点のビハインドを背負い、勝負は最終ピリオドへ。
4ピリ開始直後、相手の連続得点で16点差に。苦しい展開となるが、#10須藤のゴール下と#2齋藤の3Pで粘りを見せる。ディフェンスから立て直すと、流れに乗った明治が怒涛の追い上げを開始。ハードなディフェンスで相手のミスを誘い、#2齋藤のバスカン3Pや#32吉川の速攻レイアップで執念を見せ、一気に点差を詰める。残り3分、#10須藤のリバウンドショットでついに2点差に。しかし相手もシュートを決めきり、あと一歩が遠い。最後まで諦めずに攻めるが、シュートはリングに嫌われ無念のタイムアップ。惜しくも接戦をものにすることはできず、69-79で敗戦となった。

レポート 2017年11月21日 第69回全日本大学選手権大会 vs九州産業大 戦評

◯明治76(29-13,12-15,15-18,20-21)67九州産業●

スタート
#2齋藤、#10須藤、#11奥野、#27松本、#28今川

◎前半
#28今川のゴール下で先制すると、続いて#2齋藤の3Pや#10須藤のバスカンで得点を重ねる。ディフェンスから速攻でリズムに乗り、その後も#2齋藤や#10須藤がテンポよく加点。#32吉川のアシストから#22宮本や#14濱西もシュートを決めるなど、得点を量産する。明治の流れのまま、29-13で1ピリ終了。
2ピリ開始後は4分近く得点が滞り、流れが悪くなる。ディフェンスがうまく機能せず、相手に簡単に打たれてしまう。#2齋藤のシュートでようやく点が動くが、その後もリズムに乗り切れず我慢の時間帯に。#2齋藤がファウルをもらいフリースローで繋ぎ、#28今川もリバウンドで奮闘。終盤、#11奥野がゴール下を決め、41-26で前半終了。

◎後半
3ピリ序盤はハードなディフェンスで相手の攻撃を抑える。明治のペースで試合を運び、#10須藤や#27松本のシュートで得点。20点以上引き離すが、中盤は再び点が止まり、流れが相手に傾く。#3綱井や#32吉川がシュートを沈めるが、相手も3Pで対抗する。56-46でリードを保ち、最終ピリオドへ。
4ピリ開始後、ミスから相手にチャンスを与えてしまう。#10須藤や#28今川がバスカンを獲得するものの、大事な場面でミスが続いてしまい、悪い流れを断ち切れない。相手の勢いを止められず拮抗した争いに。6点差まで詰められ苦しい展開となるが、フリースローで加点しなんとか逃げ切りに成功。76-67で勝利した。

試合 2017年11月09日 第69回全日本大学選手権大会 日程

【日程】
11月20日(月) @大田区総合体育館Bコート
13:40~ vs九州産業大

11月22日(水) @大田区総合体育館
16:00~ vs拓殖大

11月23日(木) @大田区総合体育館
16:00~ vs日本大(予想)

11月25日(土) @青山学院大学青山キャンパス
17:00~ 準決勝

11月26日(日) @青山学院大学青山キャンパス
決勝 14:00~
3決 11:00~

※全て勝ち進んだ場合の日程です。
22日(水)の拓殖戦に勝つとベスト8進出となるため、その後敗戦した場合は順位決定戦にまわり、試合会場や時間が変更になります。

全日本大学バスケットボール連盟HP( http://www.jubf.jp)にも詳細が掲載されているので、宜しければご覧ください。

応援よろしくお願いします!

レポート 2017年10月29日 第93回関東大学リーグ戦 vs拓殖大② 戦評

●明治79(14-19,22-21,17-23,26-29)92拓殖◯

スタート
#2齋藤、#3綱井、#10須藤、#24森山、#28今川

◎前半
序盤は#24森山のシュートや#2齋藤の3Pで得点する。相手はレイアップや3Pで決め返し、拮抗した展開に。その後も点の取り合いが続き、#28今川の3Pや#10須藤のシュートで加点。しかし中盤以降、リバウンドが取れず流れが悪くなる。相手のペースのまま1ピリが終了。14-19で2ピリへ。
2ピリ開始後、#21野口と#14濱西の連続3Pでリズムを掴む。さらに#28今川のゴール下、#21野口の3Pで追い上げる。その後はミスから相手のチャンスとなり、点差が開きかける。しかし#2齋藤のシュート、#21野口のレイアップとバスカンで連続得点し、同点に追いつく。終盤は決めては決め返され、互いに一歩も譲らない。最後は相手のブザービートで前半終了。36-40の4点差で勝負は後半へ。

◎後半
3ピリは相手の3Pから始まる。#2齋藤のナイスパスから#24森山が決めるが、その後相手に3連取され11点差に。#28今川のレイアップや#2齋藤のシュート、#32吉川の3Pで加点するものの、相手もシュートが落ちず、点差を詰められない。#21野口、#32吉川が3Pを決めると、相手はバスカンで対抗。拮抗した展開のまま、53-63で最終ピリオドへ。
4ピリ開始後、#21野口がシュートを決め、#22宮本がゴール下でバスカンを獲得。しかし相手は外と中どちらもバランスよく得点を重ねる。思うように追い上げられず、苦しい展開に。ディフェンスで仕掛け相手のミスを誘うと、#2齋藤や#21野口が得点に繋げる。最後まで諦めずに攻め続け、#14濱西や#27松本も3Pを沈めるが、追いつくことはできずにタイムアップ。79-92で敗戦した。

レポート 2017年10月28日 第93回関東大学リーグ戦 vs大東文化大② 戦評

●明治62(13-19,14-15.11-26,24-20)80大東◯

スタート
#2齋藤、#14濱西、#24森山、#28今川、#32吉川

◎前半
1ピリはどちらも流れを掴みきれず、拮抗した展開となる。#28今川や#32吉川のレイアップ、#2齋藤のシュートで得点を重ねるのに対し、相手はゴール下で応戦。動きは悪くないものの、リバウンドを取りきれず流れに乗れない。#28今川のゴール下や#32吉川のシュートでも加点するが、終了間際に相手に連続で3Pを決められリードを許す。13-19で1ピリ終了。
2ピリ開始後、#3綱井のリバウンドに反応した#32吉川が走り出し、速攻で得点。さらに#10須藤のジャンプシュートや#28今川のゴール下も決まり、流れが明治に傾き始める。しかし相手のタイムアウトにより流れが断ち切られ、その後は相手のハードなディフェンスを前に得点が滞る。#10須藤がレイアップやシュートで繋ぐが、ミスが多くリズムを作れない。27-34の7点点差で前半終了。

◎後半
3ピリ序盤、相手がインサイトで得点を量産し、一気に点差が開く。対する明治はシュートが入らず、我慢の時間に。#14濱西のゴール下、#28今川の3Pで繋ぐが、リバウンドで劣勢となり相手のペースを崩せない。#24森山や#35盛満もゴール下で加点するが、相手の勢いを止められないまま3ピリ終了。38-60と大きくビハインドを背負い、最終ピリオドへ。
4ピリ開始後、ディフェンスから走る展開でリズムを掴む。#2齋藤や#28今川がシュートを決め、#14濱西と#3綱井も積極的なアタックでフリースローを獲得。しかし相手は高さを活かしてインサイドで着実に得点し、なかなか点差を詰められない。その後も大きく流れを変えることはできないまま時間が経過。最後に#21野口、#27松本が3Pを決めるも、開いた点差は大きくタイムアップ。62-80で敗戦した。